多くの美容効果を持つ成分|女性のコンプレックスを解消する豊胸手術|手術時の注意点
レディー

女性のコンプレックスを解消する豊胸手術|手術時の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの美容効果を持つ成分

レディー

美容整形で近年用いられることが増えた成分にボトックスと呼ばれるものがあり、主に肌質の改善や小顔効果を得られるということで普及しつつあります。ボトックスは注入部位の組織の働きを抑制する役割があるため、顔の美容以外にも多くの症状に対して使われています。よく行われることが多いしわの改善や小顔目的のボトックス注射は、注入部位の筋肉の働きを抑制することで均質な膨らみの肌を得たり、張ったエラなどを改善したりできます。他にもボトックスには汗腺の働きを抑制する効果があるため、多汗症の治療やワキガの治療にも使われることが多いです。自費負担が多い美容外科での治療ですが、ワキガに対してはボトックス注射に保険が適用されることも多いという特徴があります。

ボトックスの注入後、体内で有効成分が徐々に代謝されていくため、半年から1年程度かけて効果が薄くなっていきます。持続的な効果を得るためには再度ボトックス注射を受ける必要がありますが、治療を受ける部位によって通院の間隔が違うことに注意しましょう。顔の筋肉は咀嚼や表情、会話など日常的に頻繁に動かす部位であるため、ボトックス注射によるしわや小顔整形は半年程度の持続期間であることが多いです。再度治療を受けることで効果の定着が期待できることもあるため、半年を目安に医師と次の通院時期を相談しましょう。制汗目的やワキガの治療でのボトックス注射は1年程度と比較的持続期間が長いですが、個人差が大きいため症状が再発したタイミングで受診することが大切です。